中古車オークション落札・出品代行最安なら「カーオークション.jp」

オークション初めての方
相場登録台数
846,380
本日のオークション登録数
25,769
03-6867-8529 受付時間:平日10:00-19:00

評価点とは

中古車オークションの場合、出品される中古車はすべて
外装・内装・走行距離などから算出された「評価点」が付きます。
ただし、オークション会場によって評価点の基準が異なりますので注意が必要です。

車両状態評価書について

  • オークション会社の検査員が記入しています。
  • 修復暦の有無、冠水暦、盗難暦、メーター改ざん暦、落雷暦、板金塗装暦などまで記載されております。

カーオークション.jpの評価点および評価基準表

カーオークション.jpでは、各会場の評価点を元に以下の基準で統一分類して掲載しています。

評価点 詳細条件(会場によって異なる) カーオークション.jp
スタッフのアドバイス
S点
  • 登録1年未満
  • 走行距離:10,000キロ未満
  • 内装評価:Aランク
  • 外装評価:Aランク
ほぼ新車・新古車
6点
  • 登録3年未満
  • 走行距離:30,000キロ未満
  • 内装評価:Aランク
  • 外装評価:Aランク
ディーラー試乗車
や展示車など
5点
  • 走行距離:60,000キロ未満
  • 内装評価:Aランク
  • 外装評価:Aランク
  • 目立たない傷凹みはあり・内外装ほとんど加修必要なし
  • 機関・足回り良好
使用感もなく、
かなりキレイな中古車
4.5点
  • 走行距離:100,000キロ未満
  • 内装評価:Bランク以上
  • 外装評価:Bランク以上
  • 内外装共軽妙な補修をすることで5点に準ずる
程度の良い中古車
4点
  • 走行距離:150,000キロ未満
  • 内装評価:Cランク以上
  • 外装評価:Cランク以上
  • 目立つ傷・凹み・錆・焦げ・破れが少々あり、加修が必要なもの
そこそこ使用感のある中古車
3.5点
  • 走行距離:150,000キロ未満
  • 内装評価:Dランク以上
  • 外装評価:Dランク以上
  • 大小の鈑金や加修が必要な箇所があり
    多数の焦げ穴・破れなどがあるもの
ある程度使いこまれた中古車
3点
  • 内装評価:Eランク
  • 外装評価:Eランク
  • 全補修・交換・張替を必要とするもの
かなり状態が悪く、加修や補修が必要な中古車
2点
  • 商品価値が低いもの
部品どりなどに
使われる車両
1点
  • 改造車
  • 災害車(塩害・雹害・冠水車等)
  • 粗悪車
  • 競技車
一般の方には
お勧めしない車両
R/RA点
  • 修復歴車
過去にフレームを損傷した車両、いわゆる事故車
***
  • 極端な低年式車
  • 事故現状車
  • 評価困難車両
一般の方には
お勧めしない車両
その他
  • 上記以外の車両
お勧めしない

外装評価基準

評価ランク 詳細条件(会場によって異なる) カーオークション.jp
スタッフのアドバイス
A
  • 2~3cmほどの小さな傷凹みが2~3か所以内
  • 鈑金塗装済みでも直し方が良好
ほぼ目につくキズがなく、艶もある外装
B
  • 5~20cmの傷、ゴルフボール大の凹みが少々あるもの
  • 板金塗装済みで少々の波あり
  • ガラスにひびや割れあり
多少の小キズがあるが、大きな補修は不要な外装
C
  • Bランク程度の傷凹みが多数あり
  • 20~40cmの大きな傷が数か所あり
  • 握りこぶし大の凹みが2~3か所あり
  • 板金塗装済みで大きな波・少々のボケ・ムラあり
そこそこ目につくキズがあり、場合によっては補修を伴う外装
D
  • 大きな傷凹みあり
  • 交換を必要とする酷い傷凹みあり
  • 鈑金塗装済だが再補修の必要あり
  • 錆多数・腐食あり
大きなキズなどがあり、補修を必要とする外装
E
  • ボディに全補修が必要
  • 腐食が多く、腐食穴あり
外装状態が悪く、商品価値の低い外装

内装評価基準

評価ランク 詳細条件(会場によって異なる) カーオークション.jp
スタッフのアドバイス
A
  • 加修の必要がない、もしくは必要性が低くそのまま展示が出来る
  • 目立たない小さな破れ、焦げ、簡単に取れる汚れが2~3か所まで大きな欠品なし
キズや汚れもなく使用感が無いキレイな内装
B
  • 加修の必要が低いもの、もしくは不具合内容があまり商品価値に影響しない
  • 小さな破れ、焦げ、スレ、ビス穴が数か所
  • 小さな焦げ穴、ダッシュボードに小さな浮きあり
  • 簡単に取れる汚れがあるもの
多少の使用感があり、少し使われた内装
C
  • 軽妙な加修を必要とするもの、もしくは不具合内容が商品価値を下げるもの
  • 焦げ、スレ、破れ、目立つビス穴、ダッシュボード浮き、ひび割れがあるもの
  • 汚れはあるがクリーニングによりBランクに準ずるもの
ある程度は使い込まれた内装
D
  • 加修を必要とするもの
  • 多数の焦げ穴、破れ等があり張替が必要
  • ダッシュボードの大きく変形したもの
  • クリーニングをしても落ちない酷い汚れがあるもの
使用感だけでなく、キズや汚れが目につく内装
E
  • 大きな加修を必要とするもの
  • ダッシュボード等に大きなひび、加修跡があり交換を要するもの
  • 内装に酷い汚れ、破れまたはヘタリ等があるもの
  • 室内に異臭があり、そのままでは展示が出来ないもの
加修や補修を必要とする内装

傷の評価ランク基準

種類 評価ランク カーオークション.jp
スタッフのアドバイス
キズ A 爪くらいのキズ
A1 5cm程度のキズ
A2 20cm程度のキズ
A3 上記を超えるキズ
ヘコミ U エクボくらいの凹み
U1 親指くらいの凹み
U2 手のひら大の凹み
U3 上記を超える凹み
ヘコミキズ B キズと凹みの基準に準ずる
サビ・腐食 S1・C1 親指くらいのサビ・腐食
S2・C2 手のひら大のサビ・腐食
S3・C3 上記を超えるサビ・腐食
ヒビ・割れ Y1 親指くらいのヒビ・割れ
Y2 手のひら大のヒビ・割れ
Y3 上記を超えるヒビ・割れ
板金塗装・補修跡 W1 仕上げの良い補修跡
W2 パッと見ではわからない程度の補修跡
W3 色ボケやムラがある補修跡

修復歴の判断基準

「修復歴」は、骨格部位に損傷、または修復されているものが修復歴とされます
但し、ネジ止め部位(部分)は骨格にはなりません。

出典:一般財団法人 日本自動車査定協会(平成22年4月1日時点)
No 骨格部位 修復歴とする 修復歴としない
1 ラジエータコア
サポート
交換されており、かつコアサポートと隣接するインサイドパネルに凹み、クロスメンバーに曲がり、凹み、サイドメンバーに曲がり、凹み又はその修理跡があるもの  
2 クロスメンバー (フロント・リヤ)
  1. 交換されているもの
  2. 曲がり、凹み又はその修理跡があるもの
  1. 小さな凹み又はその修理跡があるもの
  2. 突き上げによる凹み、傷又はその修理跡があるもの
3 サイドメンバー (フロント・リヤ)
  1. 交換されているもの
  2. 曲がり、凹み又はその修理跡があるもの
  1. コアサポートより前に位置する部分及びリヤエンドパネルより後に位置する部分の損傷又はその修理跡があるもの
  2. けん引フック取付け部の損傷又はその修理跡があるもの
  3. バンパーステー取付け部の軽微な凹み又はその修理跡があるもの
  4. 突き上げによる凹み、傷又はその修理跡があるもの
4 インサイドパネル (フロント・リヤ) ダッシュパネル
  1. 交換されているもの
  2. 外部又は外板を介して波及した凹み又はその修理跡があるもの
  1. コアサポートより前に位置する部分の損傷又はその修理跡があるもの
  2. 軽微な凹み又はその修理跡があるもの
5 ピラー (フロント・センター・リヤ) ダッシュパネル
  1. 交換されているもの
  2. スポット打ち直しがあるもの
  3. 外部又は外板を介して波及した凹み又はその修理跡があるもの
  1. 外部に露出している部位に凹み又はその修理跡があるもの
  2. ボディサイドシルパネルの単体部品の交換時に生じるピラー下部に溶接処理跡があるもの
  3. 外部を介さない凹み又はその修理跡があるもの
  4. 1BOX車等でルーフパネルからステップまで一体として露出しているパネル状センターピラー等のアウター部はピラーとしない
  5. 軽微な凹み又はその修理跡があるもの
6 ルーフ
  1. 交換されているもの
  2. ルーフ周囲のインナー部に凹み、曲がり又はその修理跡のあるもの
  3. ピラーから波及した凹み又はその修理跡があるもの
  1. インナー部に軽微な凹み、曲がり又はその修理跡があるもの
7 センターフロアパネル
フロアサイドメンバー
  1. 交換されているもの
  2. パネル接合部に、はがれ又は修理跡があるもの
  3. 破れ(亀裂)があるもの
  4. 外部又は外板を介してパネルに凹み、メンバーに曲がり又はその修理跡があるもの
  1. 突き上げ等による凹み、曲がり又はその修理跡があるもの
  2. 軽微な凹み、曲がり、破れ又はその修理跡があるもの
8 リヤフロア (トランクフロア)
  1. 交換されているもの
  2. パネル接合部に、はがれ又は修理跡があるもの
  3. 破れ(亀裂)があるもの
  4. 外部又は外板を介して波及した凹み又はその修理跡があるもの
  1. リヤエンドパネル又はリヤフェンダー等の交換時に生じた損傷があるもの
  2. 軽微な凹み、破れ又はその修理跡があるもの
  3. スペアタイヤ等格納部の突き上げによる凹み、軽微な破れ又はその修理跡があるもの

装備の用語説明

シフトの種類

FA/T
フロアオートマチック
シフトレバーがフロア部に配置されているオートマチックタイプです。
一般的なセダン車などは大抵これになります。
CA/T
コラムオートマチック
シフトレバーが、ステアリング(ハンドル)の付け根に配置されているタイプです。
ミニバン車や、ハイトワゴン車などに多いです。
IA/T
インテリアオートマチック
シフトレバーが、インパネ部に配置されているオシャレなタイプです。
最近のミニバン車や、 ハイトワゴン車などに増えてきております。
FA/T
フロアオートマチック
シフトレバーがフロア部に配置されているオートマチックタイプです。
一般的なセダン車などは大抵これになります。
F4/F5/F6
4速/5速/6速のマニュアル車

装備の種類

AC
エアコン
AAC
オートエアコン
WAC
デュアルエアコン
CS
カセットステレオ
CC
カーコンポ
PS
パワーステアリング
PW
パワーウィンドウ

形状の種類

HB
ハッチバック
SW
ステーションワゴン
CP
クーペ
HT
ハードトップ
OP
オープンカー

その他用語

リヤスポイラー
リヤスポイラーとは、自動車後部に取り付けられ、空気の流れを利用して高速走行で、自動車を路面に押さえつける役割を果たします。
イモビライザー
通常の車の鍵は、キーシリンダーの物理的な噛み合わせによって鍵が合っているかどうかを判断します。イモビライザーは、キーに埋め込まれたトランスポンダ(電子チップ)の個有のIDコードと車両側コントローラのIDコードを電子的に照合し、IDコードが一致すれば点火しエンジンが始動します。一致しなければ点火せずエンジンが始動しません。
フェンダー
ボディサイドのタイヤを覆っている部分のことで、泥除けという意味です。
ディスチャージライトとキセノンライトの違い
メーカーによる名称の違いであり、違いはありません(トヨタはディスチャージ、日産はキセノン)。
キセノンとはライトバルブの中に封入されているガスです。
ディスチャージとはバルブの中に高電圧を放電して、キセノンガスの反応で光を照射することです。

ページ先頭へ